私、助屋の矢野慎次と申します。

はじめまして、助屋の矢野慎次と申します。

この度は助屋のホームページへお越しくださいましてありがとうございます。

こちらでは助屋及びに私の事についてご紹介いたします。

助屋とは・・・

「助屋」は石屋さんです。主な業務はお墓に関する事です。平成27年4月、高崎において開業いたしました。

「助屋」の「助」という字は私がブログ等で使用していた名前、「弥乃助」からとった文字です。この名前を使うようになってから交友関係が広がり、自分自身の視野も広がり様々な挑戦をするきっかけにもなった、私にとって思い入れのある文字でございます。その思い入れのある文字を入れることにより、初心を忘れることなく挑戦する覚悟をすると共に、「助」という文字が示すように様々な方の供養も含め色々な面に関しても助けたい、お手伝いしたいという気持ちの表れとして屋号に付けさせていただきました。

 

 

私の経歴

昭和52年、高崎生まれです。

高崎市立北小学校、高崎市立第一中学校、そして群馬県立高崎工業高等学校建築科を卒業後、建設会社へと就職しました。

建設会社においては主に建築工事現場管理業務に従事し、東京においてオフィスビルやマンション、駅舎、工場等の建築工事に携わり、その後青森においてエネルギー関連施設の建築工事に携わりましたが、会社の業績悪化により工事が完了すると共に自主退社し、高崎に帰郷。

帰郷後は老舗石材店に勤務し、現場での施工はもちろん石材加工等を勉強させていただきました。

石屋さんになって11年、もっとお施主様の気持ちに寄り添った石屋さんになりたいと思い独立を決意。

平成27年4月、「助屋」という屋号のもと開業いたしました。


ここからは私の事を知っていただく為にプライベートの事をお話いたします・・・。

趣味の事

まずはお三味線。お三味線は2年ほど前からやっております。

始めたきっかけは実はなんとなくでして・・・。近所に藤本流師範のお師匠さんがいらっしゃって流れで始めてしまいました。流れと言っても今ではほぼ毎日練習する程にのめり込んでいます。まだまだ人前で演奏する程の腕はございませんが、お三味線の奥深さを実感しつつ、お稽古でいい刺激をいただきながら日々精進しております。

お三味線ついでというわけではありませんが、時期を同じくして都々逸(どどいつ)なんてものも趣味とさせていただいております。都々逸とは、七・七・七・五調の言葉遊び。「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は 百合の花」「散切り頭を 叩いてみれば 文明開化の 音がする」なんていうのも実は都々逸で、全国各地の民謡の8割方は都々逸で出来ているといっても過言ではない庶民の文化なのです。

そんな都々逸を私は「上州どどいつ部」なるものに所属し、現在の都々逸の第一人者である柳家紫文師匠に指導していただいております。

家族の事

私は青森生まれの奥様とふたり暮らしです。

とはいえ動物には縁があるようでして、現在犬2匹と文鳥1羽とでにぎやかに暮らしております。

 

まずはミニチュアダックスフンドの「うに」ちゃんです。

我が家に来てもう6年程経つでしょうか。

保健所に連れて行かれる寸前で引き取った子です。

推定年齢10歳くらい。

人見知りが激しいのですが、私には可愛い娘です。

次にラブラドールMIXの「えびす」君。

「えびす」君も我が家に来て6年程。

この子はまさに殺処分寸前で引き取った子です。

推定年齢7歳。

とにかくフレンドリーな子なのですが、慣れるまでよく吠えます。

そして大の車好きです。

そして、文鳥の「竹千代」君です。

ある朝、仕事場に着いた私は肩に違和感を感じて目を向けると一羽の鳥が・・・

一向に離れる気配もなく、このままでは仕事にならないので一旦家で保護。

それから飼い主を探してみたものの見つからず、放っておいてもカラスの餌となるだけですから、仕方なく飼う事にしました。

性格は相当なやんちゃ坊主。

私の肩に乗っては耳たぶを突きまくっています。

最後に先住犬、「キャシー」の事でも・・・。

ゴールデンレトリバーの「キャシー」ちゃん。

動物愛護協会の紹介で4歳の成犬で引き取った子でした。

引き取ってからというもの、どこへ行くにも一緒。

とても飼い主思いの優しい子でした。

しかし引き取ってから3年後、突然の病気で亡くなりました。

短い時間でしたが、沢山の思い出と共に今でも私の心の中で生き続けています。